いびきケア専用枕 天使の寝息

 

いびきとは

びきというのは寝ているときの呼吸に伴っておこる雑音ですが、いびきをかいている本人よりも一緒に寝ている人に迷惑になっていることが多いものです。

大切な人の安眠を妨げ、寝不足、体調不調を起こし、不仲になる原因になったりもします。

自分のいびきに驚いて眼を覚まし、睡眠不足になったりすることも。

このいびき、専門的な解説を見ると、「睡眠中、のど(上気道)が狭くなったとき、そこを通る空気が発する振動音」となっています。

誰でも寝ていると、全身の筋肉は緩み、舌や、周辺の筋肉もゆるみ、重力で下に落ち込むために、のどは狭くなります。そこに呼吸によって空気が通ることで周辺の組織が振動して音が出ることになります。

一般に健康な人であれば、極端に狭くなることはなく可愛い寝息といった程度ですむものですが。。ところが何らかの異常があると、のどの狭まりもひどくなり、いびきとなるのです。

いびきの種類

このいびきには2つの種類があるそうです。

一つは単純性いびきと呼ばれます。

ふだんはいびきをかかない人が、鼻づまりや疲労、飲酒、風邪などが原因でかくいびきでその原因を取り除けばいびきは治まります。

もう一つは病気を原因とする慢性的ないびきです。

睡眠時無呼吸症候群と耳鼻科性疾患を原因とするいびきがありますが、常時いびきをかき他の人から指摘を受けるくらいうるさいようでしたら医療機関を受診しましょう。

この睡眠時無呼吸症候群はその英名の頭文字からSASとも呼ばれています。睡眠中に呼吸が停止する状態や止まりかける状態が繰り返される症状で、眠りが浅くなり、頭痛、日中の強い眠気や疲労感、集中力・記憶力の低下などの自覚症状が現れたり、不眠、夜間頻尿、寝相が悪いなども起こります。

世界的には肥満している人に多いのですが、日本では痩せ型の人にも多く、原因としては肥満による首回りの脂肪の沈着、扁桃腺肥大、アデノイド、気道へ舌が落ち込む、舌が大きい、鼻が曲がっているなどが挙げられています。

いびきの原因となる耳鼻科系の疾患としては鼻中隔彎曲症、肥厚性鼻炎、鼻茸(はなたけ)症、副鼻腔炎、習慣性扁桃炎、アデノイド肥大などがあるようですが、素人判断せず医療機関を受診しましょう。


慢性的ないびきがある場合は、まず耳鼻科を受診することとなります。

そして、鼻づまりがある場合は鼻づまりの治療が行われます。

鼻づまりが無い場合や鼻づまりの治療でも改善が無い場合は、睡眠時の呼吸の検査を行いSASであればその治療に移行してくそうです。

 

 

 

いびきを気にしてセルフケアをと思うなら
・肥満の人は減量する
・横向きに寝る
・寝酒は止める
・寝室の湿度を保つ
・いびき体操
などを心がけてみてください。

いびき体操は、簡単なものから、ちゃんとマニュアルがあり、指導してくれる家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアルなどがありますね。

 克服完全マニュアル

いびきを改善するには、喉の奥まわりの筋肉を正常な状態に戻すことが必要です。
器具を使ってもいびきを一時的に止めることはできても、根本からの解決にはなりません。
まずは、口蓋垂(のどちんこ)と軟口蓋(のどの奥の上の柔らかい部分)周辺の強化からです。

オペラ歌手などもここは強化していますね。
運動に使う筋肉も使わなければ柔らかくだらんと退化していき、新陳代謝機能も落ちます。

いびきも運動と同じくトレーニングと毎日の生活の中での意識を向けるだけで筋肉、粘膜部分が健康な状態に戻り改善へ向かいます。
​そして、のど、顎、舌の粘膜、筋肉をを強化することでいびきをかきにくい体質を作ります。

気道を確保するために喉頭部をきちんとケアして、正常に近づけるようにすることで、いびきはある改善していきます。

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル

 

 

 

 

 

 



© 2018 女性、目玉な通販 rss